高校留学しませんか?

高校留学ー人生の分岐点

高校留学と一言にいろいろあります。交換留学ーこちらは学校同士で生徒を交換するシステムで、通常6か月から1年になります。各参加学校(通常高校が多い)から参加者を募り、その中から選抜という形になりますので成績優秀なことに損はありません。学校の日ごろの行動も重視されてきます。費用は学費内でおさまるケースが多いようです。
二つ目は留学団体を通しての留学。こちらは留学斡旋団体への応募になります。一つの例をあげるとAFS.こちらは世界中に支部を持っており、毎年中学3年から高校生を募集しています。随時試験があり、その試験に合格することが必須条件です。
試験に合格したあとは日本の高校を一年休学する形にするか、外国での単位を認めてもらう形にするか、学校と相談することが大切です。外国での単位を認めてもらえるまでの英語力に自信がある場合は後者を選択されてもいいでしょう。
費用は一年、200万円ほどとみておけばいいと思います。
三つ目は私費留学です。こちらは完全に日本の学校を退学し、高校留学するケースです。二つ目の留学斡旋団体を通しての留学との決定的な違いは、団体等からのサポートを留学中に受けることができないことです。しかし、本人の努力次第で、高校三年生に達する前に卒業できるかもしれないというメリットがあります。(アメリカ等の学校は飛び級制度を取り入れています)費用は学校によりけりです。


TOP

Copyright © 2016 英語をコミュニケーションツールとして扱いたいと思う人は高校留学 All Rights Reserved.